本島で食べる沖縄そば

そもそも「沖縄そば」ってどんな食べ物?

「沖縄そば」は沖縄の代表される郷土料理です。“そば”といっても実際は蕎麦粉は使われていません。麺は小麦粉、塩、かん水で作られていて、スープは、豚骨やカツオ節を使った温かいものが一般的なようです。麺はきしめんに似ていて食べ応えがありそうです。具は豚肉、カマボコが入っていて、薬味に生姜や葱が添えられています。地域によって、お出汁の味付や麺の太さもさまざまのようです。

少しご紹介すると、本島のそばより麺がやや細く縮れが少ない宮古の沖縄そば。細く丸いストレートな麺にほんのり甘みのあるスープが特徴の八重山、石垣の沖縄そばがあります。お店によっては、冷たい沖縄そばを作っているお店もあるとか。また沖縄本島でも、他の島や地域の沖縄そばを食べることができる店があるようなので、沖縄旅行の際は、「沖縄そば探しのグルメ旅」も良いかもしれませんね。

特徴的な沖縄そばにのせる豚肉

沖縄そばのメイン具材の1つが「三枚肉」です。肉の断面が皮、脂身、赤身の三層になっているので「三枚肉」と呼ばれているそうです。じっくりと時間をかけて、甘辛く煮込んであるお肉は沖縄そばの具材の中でも存在感があります。「三枚肉」の他にも沖縄アグー豚を炙って焼き、沖縄そばにのせる店もあるようです。沖縄アグー豚は頭数の少ない沖縄固有の貴重な豚で、沖縄で飼い続けられていた小型の島豚が由来となっています。 アグー豚の肉質は、一般的に市販されている豚肉に比べて優れた霜降りの割合が多く、脂が溶けやすい特性があるのが特徴のようです。そのため肉が柔らかくて脂に甘みと旨味があります。そんな沖縄アグー豚をのせた沖縄そばも是非、旅のイベントの1つとして、探してみてはいかがでしょうか。